GAP

愛用のアイテム

幅広い年齢層の女性に高い人気を誇っているGAP(ギャップ)の洋服。

 

数年前には日本にも専門店が上陸し、以前にも増して様々なアイテムが手軽に購入できるようになり、
愛用しているという方もさらに増えているのではないでしょうか。

 

そんなギャップの洋服ですが、以前流行を意識して購入したけど最近では着なくなったとか、
その時は良いと思って買ったけど、その後全く着ることがなかったというような服も
誰もが1着くらいは持っているのではないかと思います。

 

そんなとき、捨てるのも勿体ないからリサイクルショップに買い取ってもらおうと考える
という方も最近では多くなってきているのではないでしょうか。

 

GAPやユニクロ、GUなど、いわゆるファストファッションの服の買取強化を行っているのが
宅配買い取りサービスの「ウルウル」です。

 

他では買取不可だったアイテムも、ここなら高額が期待できるかも!?
査定料や送料、キャンセル料、返送料など一切かからず完全無料で利用できます。
ウルウルをもっと詳しく見る

 

ホーム

 

選ぶお店に注意する

 

古着買取市場でのギャップアイテムの査定相場というものは、一体どのようになっているのでしょうか。
やはり、リサイクルショップでもその人気は高いため、取り扱いしているショップについては、
アイテムによって高値で買い取って貰える場合もあるようです。

 

ですが、一方でブランド物の買取に力を入れているリサイクルショップなどでは、
いくら人気の高いGAPのアイテムでも、さらにはどんなに比較的状態の良いアイテムであっても、
「ノーブランド品」として買取対象外となってしまうこともあるので注意が必要となります。

 

買い取ってもらえるショップでは、思わぬ高値になることもあるのに、選ぶお店を間違ってしまったら、
二束三文程の査定額で買い叩かれるか、買取対象外で返却されてしまうということです。

 

最近では、ブランド専門、ノーブランド買取可など、ショップの特徴を明確に宣伝しているお店も多くなってきましたので、
自分が売りたいブランドの物をちゃんと査定してくれるショップなのか、
しっかり見極めてから査定の依頼をすることも大切になってくるようです。

 

宅配サービスを行っているショップで、取扱メーカーの数が多いところでも
中にはGAPは取扱不可とされているところもあるようです。
いくら料金が無料でも対象外のものを送ってしまうのはよくありません。
事前に対象メーカーか否かを確認した上で送るようにしましょう。

 

 

いらなくなった洋服をリサイクルショップに買取してもらおうと考えた時、実際に店舗のあるお店に持って行くのか、主にネットでの買取・販売を行っているショップなどに、宅配で買取をしてもらうのか、最近では本当に気軽に選択できるようになりましたよね。