アイロン

洗濯して綺麗にする

服を売るとき、少しでも査定額を上げる方法として買取の専門家が言うには、
やはりきれいな状態で持って行く方が良いようです。
それはそうですよね。汚いより、きれいな方が良いに決まっています。

 

シミや汚れなど目立ったものがあれば、買い取っても売れないからです。
あまり目立った汚れなどがあれば買取さえもしてもらえません。

 

シャツなどであれば、洗濯をしてアイロンをかける。
それだけでも、買取側の印象も良いですし、買い取ろうと思ってくれるようです。

 

きちんと手入れをしていれば、相手側も生地の痛みも少ないだろうという印象にもつながりますから。
いくら人気ブランドの服でも、目立つシミや汚れがあれば、誰も買ってくれません。
ホーム

 

シミなどの汚れ

 

服の汚れるところは、大体決まっています。
それは襟の内側や袖口そして脇の下の部分、服の全面です。
そこを査定員もしっかりチェックを入れるようです。

 

出来る限り、その辺りを入念に自分でも見て、落とせる汚れなら落として、
アイロンをかけれるものはかけ、きれいな状態で畳んで持って行くことが、
査定額を上げるコツではないでしょうか。

 

そして、着なくなったら早く売るのが良いでしょう。デザインの流行もありますし、
去年片付ける時はシミなんかなかったのに、
今年出してみるとシミが出来ていたなんて経験もありますよね。

 

そんなシミは落とそうと思っても、なかなか落ちなかったりします。
そうなる前に、着ないと思ったら早めに売ってしまうのが得策だと言えますね。

 

中には汚れていようが、ブランド以外だろうが
どんなものでも買取してくれるというお店もあるようですね。
いわゆる量り売りがそれに該当するかと思われます。

 

確かに売ることはできても、金額はどうなのでしょうか。
たくさん持ち運んでも、何十円だった・・といったもことも珍しくないようです。

 

それを思うと、やはり少しでも手間をかけて綺麗な状態にして
それなりに口コミで評判のいい買取店へ売るのがベストなのではないでしょうか。

最近のリサイクルショップでは、ブランド品の服限定で買取している所も多いですが、ノーブランドでも高価買取します!と表示のあるところも見かけます。